banner

高齢者専用賃貸物件として土地の活用を計画

現在、土地を購入予定です。
高齢者専用賃貸住宅として活用できるように計画中です。
相続対策として、現金を不動産化することが挙げられますが、住宅やオフィスなどは、市場が飽和状態です。そのため、活用できたとしても、入居者を見つけることで苦戦する人も多くいます。飽和した市場で勝負をするよりも、今後、伸びそうな業界に投資をすることが有効と考えて、高齢者にターゲットを絞った活用を検討しています。
通常の賃貸住宅で検討した場合、入居が見込めるかどうかの入居率が大きく影響します。ライバルの多い地域であれば、入居者を取り合うことになってしまい、常に高い入居率を維持できるとは限りません。入居者に選ばれる物件にするため、定期的にメンテナンスやリフォームをしなければならず、コストの負担も大きくなりがちです。
オフィスや駐車場で検討した場合、オフィスとして活用しやすいかどうか、立地が大きく影響します。また、オフィスも飽和状態で競争が激しいため、少しでも賃料が安い物件を探している企業も多く、リフォームなどのコストに加え、賃料の交渉もシビアに行われています。
ライバルの少ない、これから伸びる業界を狙うことが、不動産を有効に活用するポイントとなります。そのため、最近では、高齢者向けの物件が特に注目を浴びています。今後、不動産の有効活用を検討する場合には、他との差別化、市場の状況、需要と供給の状態を把握して、有効活用を検討しなければなりません。
現在、人気のある高齢者向けの物件の場合、都道府県や市区町村からの補助金があるなど、一定の要件を満たす場合には、公的機関からの補助や融資を受けることができます。
これらの優遇を上手く活用しながら、高齢者向けの事業に特化している業者と組んでビジネスを行う人たちが増えてくるでしょう。

土地を購入するときには、その土地の利用法を考えた上で購入することが大切です。せっかく購入した土地でも有効利用する方法がないと無駄な買い物になってしまいます。

what's new

Copyright(C)2015 有効な土地活用法 All Rights Reserved.