banner

エリア間の土地相場の差を知る

土地の相場は、エリアによって全く異なります。同じ都道府県内でも、地域によって異なりますし、同じ市区町村内でも人気のある地域とそうでない地域とでは、雲泥の差が出るほど異なる場合もあります。
土地の相場が高いエリアに共通するのは、土地の売買が頻繁に行われているようなエリアです。また、需要と供給のバランスからすると、供給できる土地には限りがありますし、人気のあるような物件は数が限られます。そのため、需要である買い手が人気のある物件に殺到してしまうため、土地の取引価格が比較的高くなってしまうのです。
土地の相場が高いエリアの特徴として、供給できる物件が非常に少ないエリアであることが挙げられます。人気の高いエリアは、土地を手放す人も少なく、売り物件自体がほとんどありません。売り物件が出ると、買い手が殺到し、売り手はより高い価格を提示した人との間で取引が行われます。そのため、相場が下がりにくいのです。
また、需要と供給の面から考えると、多くの需要があることが挙げられるため、買い手である需要がたくさん集まっている都会は地方と比較しても相場が高くなります。土地の相場が決まるには、需要と供給で考えると分かりやすいと言えるでしょう。

what's new

Copyright(C)2015 有効な土地活用法 All Rights Reserved.