banner

相続財産としての土地の対処

相続が発生すると、相続人全員で遺産分割協議を行い、相続手続きや相続税申告を行います。相続の際、相続財産の中に土地などの不動産が含まれていることが多々あります。
相続税が発生しないのであれば、法務局で相続手続きを行えばすみますが、相続税が発生するのであれば、相続税申告を行わなければなりません。
相続税申告を行う際、相続財産を評価することから始めますが、土地の評価は簡単にはできません。相続税申告は税理士に任せる人が多いでしょうが、税理士選びも重要です。
土地の評価は、税理士によって異なります。法人税や所得税の申告をしている税理士は多いですが、相続税申告の経験のある税理士は少ないのです。さらには、相続税申告を多く経験している税理士を探すのは至難の業です。
相続税申告に精通している税理士とそうでない税理士とでは、相続財産の評価額も大きく異なり、その結果、納付する相続税も大きく異なります。
相続税申告は、相続発生後10カ月以内であり、比較的短期間で作業を行わなければなりません。この短期間の間に、相続人全員で遺産分割協議を行い、誰がどの財産を相続するかを決めることから始めます。この作業に時間がかかり過ぎてしまうと、相続税申告の準備期間が短くなってしまうことになります。
相続税申告で失敗しないためにも、生前からの準備、相続発生後の手続きもスムーズに進められるように準備しておきましょう。

what's new

Copyright(C)2015 有効な土地活用法 All Rights Reserved.